私が作成した、里親募集のチラシ…

㈱カクタニ設備社長には、「掲示板に貼るように!」と

言われているのですが、まだお世話をしていない娘2人が

保護した猫に名前を付け、里親募集に出すのを反対しているのです。

正直私の意見を言いますと、10日もお世話していると情が移っているのです。

先住猫たちもこんな時があったなぁと懐かしく、子猫を抱っこするのも

幸せを感じているのです…

一方社長というと…

里親に出すために、社会勉強のために、家の中を放し飼い…

「自由だーーー!」と言わんばかりに家中を走り回り、先住猫を

追いかけまわし、馴染んできています。

前のブログでは、母猫と離れ離れにしてしまって

夜中にお互いを探しあっている声を聞くと胸が痛い…

と言いましたが、それも3日で、今では子猫は知らん顔で、ヘソ天で寝ています。

息子なんて…息子なんて…人間も猫も息子なんて同じなんでしょう…

おっと!これは危険です!!罠です!!

満員だと言い聞かせているのに、増えてしまいそう??

これは、もしかしてもしかする…やばい状況です…

6匹目になるのか、ならないのか…

外の猫たち、松本さんとこ行ってきーなんて噂しているのでしょうか??

病院の先生、息子、友達の予想通りになりそうです。