1月中旬から枚方でマンションのリフォームをさせていただいていました。

何回か私もお手伝いをしに行ってましたが、先日いよいよ最後の掃除を

娘と終えてきました。

きれいに仕上がって嬉しくなりました。

そして「今日でお終い」という日には少しさみしくなりました。

掃除をしながら娘が「こんな部屋欲しい~」と言うのを聞くと

余計にさみしくなります。

そう言えば、㈱カクタニ設備社長が息子くらいの年の頃、

同じような間取りのマンションに住んでいたことを思い出し、

「そろそろ息子も一人暮らし始めるのかな?」

と考えると…

「イッシッシ~( *´艸`)食費が浮くぞ!、これでタカラれなくてすむ( *´艸`)」

と、少々不謹慎なことを考えてしまいました。

いざ出ていくと寂しくなるのかな?

さみしがり屋さんの私は家を出たいとか、一人暮らししたいなんて思ったこともありません。

ただ、娘たちが親離れをしてくのが寂しいのです…

 

仕上げの掃除をしながら無口になったのは、あっという間の約20年を振り返ってみたからでしょう。

本当にあっという間、でした…