衝撃的な出会いから11年、先日大好きなガブとお別れしました。

上半期一番ショックな出来事です(´;ω;`)ウゥゥ

肺ガンだと告知されてから10日ほどで虹の橋を渡ってしまいました🌈

ガブはうちに来て幸せだったかな?

お別れするのはとっても辛いけれど、飼っている以上は覚悟しなければ

いけないことですよね。

でも、思っていたよりも、ものすごく大きな穴がぽっかり空いたままです。

存在があまりにも大きかったのです。

部屋は広く感じるし、まだ寝息やいびきが聞こえたり、

気配がしたり、匂いがしたり…

家族全員が、かなり重症なペットロスになっているようです。

告知を受けるまで病気知らずで過ごしていたので信じられないのです。

あんなにキレ症だったのに、あんなに元気だったのに昨日までできていたことが

今日にはできない…

怒れない、吠えれない、階段も上れない、立てない、散歩にも行けない、

歩けない、食べれない、水も飲めない…

辛いです…

後悔のない看病を、と思いましたが悔やまれるばかりです。

でも、ガブと過ごした11年間、色んな勉強や経験させてもらったこと

楽しい思い出は忘れません。

私たちも猫たちも、ガブが大好き💛

今でも「ただいま~」とか、「お待たせ~」なんて帰ってくるか

何もなかったように「おかえり~」「ごはんは??」

なんて表情で見つめてくれないかなぁなんて毎日考えています。

いつかまた、会えますように…