七夕の日、ご近所さんが子猫を保護しました。

そして私の携帯に連絡がきました。

そのお宅にもすでに5匹の猫がいます。

うちと同じく満員…

㈱カクタニ設備社長と長女と三人で少~しだけ見に行きました(;´Д`)

「うわ~かわいい💛」

見に行っただけのはずが、預かることになりました( ゚Д゚)

いやいや、保護です…保護!!

でも我が家をネコ派に変えた、”うずら”にそっくりです。

うずらから数えると15代程でしょうか…

徳川家で言うと、慶喜??

なんて冗談は置いといて…

そこで問題です!!

家族に迎えるでしょうか?

長女なんてもう名前考えてる…

最初はガブの移動用のハウスに入っていたはずなのに脱走して

自由だああああ!と、言わんばかりに部屋中走り回ってるし…

預かる=家に連れて帰る=飼う?????

何だか何度も経験している我が家の暗黙のルール?

ご近所さんにも知られていたのかもしれません。

う~ん…

いよいよ本当に満員ですよ!!

猫に関して「もう無理です!」と断り切れない私たちが一番厄介なのかもしれません。

社長は出勤前「父しゃんは猫ちゃんたちの為に、お仕事頑張ってくるね~」

と言います。

私も無意識のうち、そう言っているかもしれないので人の事は言えませんが、不安です。

と、言うよりまだ飼うと決めたわけではないので…( *´艸`)

今更かもしれないけど、今晩、家族会議のお題にしてみようと思います。