昨日いろいろ考えている時、

ふと、3匹の子豚の話を思い出しました。

なぜ思い出したか解りませんが、疲れているのか?麦茶のCMか?

1番目の子ブタは、藁の家(オオカミに吹き飛ばされる)

2番目の子ブタは、木の家(オオカミの体当たりで壊される)

3番目の子ブタは、レンガの家(手間を掛けて作ったので、頑丈)

みなさん覚えていますか?思い出しました?

しかし本当にそうなのか!!

(この当たり、僕はかなり捻くれています。)

今からの季節、レンガは湿気て大変だぞ。黒カビが生えて、黒ブタになっちゃいます。

藁も湿気を持つと、醗酵して納豆、いや納トンのなってしまう。

木の家だと、正倉院(校倉造り、覚えていますか?)とかいい物がありますねw(偏見が入ってます。木造が好きなので)

レンガ造りが強いのかと言うと、ネパールの地震で見たとおり一気に崩落もします。藁の家だと軽いので、もしかすると被害がないかも?

寒い地域だと、合掌造りに観られる様に、藁など保温断熱性に優れていそうです。木の校倉造りでは、隙間風が!!レンガは底冷えがして、暖炉は必須アイテム。

その土地に合った素材、工法、補強の入れ方、断熱のやり方、風の通し方、光の具合、人の動線、この頃はペットの事も大事

ましてや、施主様の好み、予算、そして新しい商品はどんどん出てきます。

考える事は、いっぱいあります。でも考えることは、大好きです。自分も出来上がった物に、仕事に愛着がもてるから。

明日も、いろいろ楽しいこと考えます。