子猫のえさがツナ缶みたいなので、最近約20年前の離乳食を思い出します。

事務員さんと「離乳食みたいに白身魚ほぐしてあげてるの?」

と聞かれましたが

「そう言えば、離乳食作って食べさせたの、一番上の息子だけかもしれん…」

愛情たっぷり育ててきたつもりでしたが下二人にはほとんど記憶がありません。

ちょっと目を離したすきに…

「え‘‘---!!」っていうこともありました。

半年くらいの長女に息子が「欲しいの?あ~ん!」と卵かけご飯を食べさせていたり、

これまた半年くらいの末娘の口にアンパンマンチョコを入れていたり…

(アレルギーがあったら怖い話ですよね)

その頃は、とても可愛がってくれたのに、今は…

息子は長女を”シュレック”と呼び、長女は売り言葉に買い言葉で、兄を”土偶”と呼びます。

「そんな呼び方せんといて!」と叱りますが、私が中に入るとかえってエスカレート

することもあるので、困ります。

そんな中でも末娘はサラッと流す…㈱カクタニ設備社長の言葉を借りるなら

”世渡り上手のバチアタリ”と言ったところでしょうか…

皆それぞれの個性で大きくなってきてますが…

増えていく我が家の猫たちもみなそれぞれ性格が違います。

少しの時間に約20年間が頭の中を巡り巡るのでした。

月日が流れるのは早いものですね…((+_+))

今は社長がよくおかゆ食べてる…